ホルンベルカット加工、改造を承ります

カテゴリー: 新着記事

ホルンベルカット、ホルンベルカット加工、ホルンベルカット改造

実店舗でも「ホルンベルカット、ベルカット加工、改造をしたい」という、ご相談やお問い合わせ、ご依頼をいただいております。

見た目や音の鳴りの変化を追求されるお客様からのご依頼が多く、たくさんのベルカット加工やホルンの改造をしてきました。

ホルンのベルカットは切断作業をするため、元の状態に戻す事ができません。

やり直しができないため、工程も慎重でデリケートな作業の連続です。

まずはホルンを分解し、ベルカットの位置を決めて、リングが結合できるよう平行に切断します。

その後、リングのハンダづけをして組立や調整、オプションでラッカー塗装などを行って仕上げます。

文字や言葉で伝えるとカンタンに思われがちですが、作業には全神経を集中させるため、技術はもちろん多くの経験を積まなければ、永遠に作業と依頼の完了ができなくなってしまいます。

技術力不足や経験が少なければ、ほぼ失敗するほどのむずかしい作業です。

当店では技術力に自信をもっており、ご依頼されたすべてのホルンベルカットやホルンの改造を滞りなく完了し、たくさんのお客様から感謝や喜びの声も多数いただいております。

ホルンベルカットについて

当店で行うホルンベルカットの加工(ホルン改造)は、受注開始から、おおむね2-3週間で承っております。

「ホルンベルカット、ホルンベルカット加工、ホルンベルカット改造」に関するお問い合わせは、お気軽にご相談ください。

ホルン修理について

ホルンベルカット、ホルンベルカット加工、ホルンベルカット改造、ホルンロータリー修理、ホルン修理、ホルンへこみ修理、ホルンヘコミ直し、ホルンリペア、ホルンオーバーホール、ホルン洗浄、ホルン調整、ホルンベル修理、ホルン改造(カスタム)を承ります。

記載以外のお問い合わせ、ホルン修理代、ホルン修理料金、オーバーホール価格、管内洗浄の値段、ご予算などもお気軽にご相談ください。

熟練の技術で修理します!

他店様でお断りされたリペアや改造、ベルのへこみ、ビンテージの管楽器、特殊な技術が必要となるバフがけ(みがき)、ラッカー塗装、手に負えないと言われたヘコミの修理、販売終了や製造終了でパーツ供給のない管楽器など、様々なご依頼をいただいております。

リペアマンの誇りではありますが、「むずかしい修理の部類」と言われるような管楽器を、いままで1度もお断りしたことがありません。

もちろん、キチンと修理できます。

管楽器修理について

学生さん、アマチュアの演奏者からプロまでのご依頼やホルンのオーバーホール修理実績もたくさんあります。

学校訪問修理も含め、年間2000本以上の金管楽器、木管楽器の修理をこなしており、修理道具や特殊な機材も豊富にそろえています。

確かな技術で、楽器の回復はもちろん、安心もお届けいたします。

記載以外の管楽器修理や改造も受付けております。

お見積もりは無料です。お気軽にご相談、お問い合わせください。

Twitterやブログでも修理に関する情報の発信をしていますので、ご覧ください。

ホルン修理 メニュー

以下のメニューをクリックして、ご覧ください。

管楽器修理メニュー

以下のメニューをクリックして、ご覧ください。

金管楽器修理専門店 電話番号

金管楽器修理専門店 お問い合わせ

金管楽器修理専門店 お申し込み

タグ: , , , , , , , , , , , , ,